カテゴリ
News! (73)
銃器 (27)
映画 (14)
音楽 (13)
言論 (27)
民生 (2)
人物 (26)
式典 (3)
BB/歩兵 (18)
ND/空挺 (24)
KB/騎兵 (8)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (2)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (5)
KQ/空軍 (4)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (13)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (4)
1939-1945 (11)
1945-1954 (35)
1954-1975 (236)
1975-1989 (6)

2013年12月27日

CEFEO空挺部隊

※2018年9月2日追記

クリエーター支援サイトSESSIIONにて月額500円~のご支援(プレッジ購入)頂いた方限定で、普段ブログには書いていない最新情報や執筆中の内容などのアクティビティを配信中です。メールアドレスまたはSNSのアカウントで簡単に登録できます。プレッジ購入以外に利用料は一切かかりません。ご支援いただいた分、より一層記事の質に磨きをかけたいと思います。よろしくお願いします。
詳しくは『SESSIION限定配信開始します』をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


南ベトナム軍を調べていると、必然的にその前身であるフランス軍に興味が沸いてきます。
中でも第1次インドシナ戦争時代の空挺部隊(Troupes Aéroportées)が超カッコいいんですわ。


しかしフランス軍の空挺部隊って、なんか部隊名がコロコロ変わってて、どういう組織だったのか全体像が分かりにくかったんです。
なので今回は、第2次世界大戦から第1次インドシナ戦争にかけて、日本軍・ベトミン軍と戦ったCEFEO(極東フランス遠征軍団)の空挺部隊の変遷をまとめてみました。
  続きを読む


2013年12月09日

モン族を想って

一昨年のニュースですが、衝撃的な事件だったのでご紹介します。

『元フランス軍大佐、モン族への迫害に抗議し自殺』

ソース
RFI
laststandonzombieisland


 現在のベトナム北部・ラオス・タイ・中国南部には"モン族(hmong)"と呼ばれる少数民族が暮らしています。彼らはフランス領インドシナ時代"モンタニャール(山地民)"と呼ばれ、他の少数民族と同様に、多数派のベトナム人やラオス人からの迫害を避け自治権を得るために長らくフランス軍に協力していました。

▲フランス軍トンキン狙撃兵連隊のモンタニャール兵士(1900年頃?)
北部のモンタニャールなのでおそらくモン族と思われる
  続きを読む