カテゴリ
News! (59)
銃器 (25)
映画 (13)
音楽 (12)
言論 (23)
人物 (25)
式典 (3)
BB/歩兵 (15)
ND/空挺 (17)
KB/騎兵 (7)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (1)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (4)
KQ/空軍 (2)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (13)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (4)
1939-1945 (8)
1945-1954 (26)
1954-1975 (203)
1975-1989 (5)

2016年06月13日

めぐりあい東京

先週末は友人たちと都内各所をめぐってきました。


土曜日

【ベトナムフェスティバル2016】

流暢な日本語を話すベトナム人三人組(笑)

お祭りは例年通り大盛況。暑かった~

昼飯は久しぶりのバインミー。去年カリフォルニア行った時は、一日二食はこれ食べてたなぁ。
朝リトルサイゴンでバインミー買って、ハリウッドのユニバーサルスタジオに持ち込んで中で食べたり。
なお夕飯は主に、アナハイムのスーパーで買ったカップラーメンという貧乏旅行っぷりでした。

デガ(タイグエン地方の山岳民族)の伝統楽器の奏者さん。でもこの人はデガではなくキン族っぽいです。

あと写真は載せないでおきますが、山岳民族の子供たちへの生活支援を呼びかけるブースに掲げられた逆さ吊りの金星紅旗にはドキッっとしました。このイベントは完全に越共政府系だし、しかもブースは運営本部の隣のテントです。なぜ誰も指摘しないんだ?
ブースに居た人たちがキン族なのか少数民族なのか見た目では分かりませんでしたが、あの旗を掲げる政府が少数民族に対し何をしてきたかを考えると、何らかの意図がある行動なのではと勘ぐってしまいます。ナチが自国のゲットーを紹介しているようなものなので。


【原宿 竹下通り・表参道】

実はメコンデルタ生まれのS君が仕事の都合で近々東京を離れるそうなので、せっかくなのでベトナムフェスティバルの会場である代々木公園から歩いて竹下通りと表参道を見学。
フッ、俺のような埼玉生まれアニソン育ちには、ベトナムより遠い異国に感じるぜ・・・


【江戸東京博物館】

原宿の後は僕のお勧め、両国の江戸東京博物館へ移動。
ここは街のミニチュアが見応えあるし、江戸~昭和の建物が1/1で再現されていたりで超面白いです!
模型で展示されていた御茶ノ水のニコライ堂はまだ同じ場所にあるよと言うと、S君がぜひ行ってみたいと言うので、翌日行くことにしました。

シクロ・・・ではなく明治時代の人力車に乗るT君。ズボンとハットが共和国軍だけど、ベトナム兵と言うよりは危ないお兄さんだ。


【日高屋】

夕飯は寿司にしようという話になり、スマホで検索するも、都内は回転寿司でもまぁまぁ高い店ばかり。一皿100円が見つからない。
仕方ないので、ラーメン・中華料理の日高屋に入る。うん、俺たちはこういう所が合ってるんだよ。安いし煙草も吸えるし最高だね。
ちなみにS君は日高屋のヘビーユーザーなので、ありがたく大盛り無料券を頂戴する。いろいろ喋くってこの日は解散。



日曜日

【東京国立博物館】

朝10時、S君と上野公園で集合。彼のたっての希望で東京国立博物館を見学する。
彼はなかなかの歴史趣味人なので、こういう場所が大好きなんです。

モンゴルのシャガイ占い(家畜のくるぶしの骨を投げてその向きの組み合わせで吉凶を見る)体験で大吉的なものを引いたS君。良い門出になったね!

5時間くらいかけてくじっくり見学してきました。彼は三国志の大ファンなので、古代中国の展示物の豊富さにも大満足してくれました。
一方、S君が言うには、ベトナムではフランス植民地時代に陶器などかなりの数の歴史遺産が海外に流出してしまった為、自国に残っている物はあまり多くないのだそうです。フランスは植民地支配を終えても、一度ぶん盗った美術品をその国に返すなんて事は絶対にしないので。
彼はいつの日かルーブル美術館にベトナムの遺産を見に行きたいと言っていました。いいね。お金ができたら一緒にフランス行こう。


【上野東照宮・花園稲荷神社】

博物館の後は、上野公園内の僕のお勧めスポットへ。
中学時代はよく埼玉から中田商店・松崎商店までチャリで通ってて、そのついでに上野公園にもよく来ていたので、ここは僕にとって都内で一番馴染みのある場所です。
(そういえば先日、テレ東の『モヤモヤさまぁ~ず』で松崎さんが取材されてましたね。テレビの前で大爆笑してしまいました)

まず、補修工事が終わった上野東照宮にお参り。拝観料ケチって中には入らず。

 
次に、鳥居が京都の伏見稲荷っぽい、花園稲荷神社へ。
京都のは常に観光客で一杯だけど、こっちは人が居ないし、穴稲荷様はなかなか雰囲気のある場所だから、僕はここが大好きです。


【ニコライ堂】

上野をあとにし、昨日江戸東京博物館でS君が興味を持った御茶ノ水のニコライ堂(東京復活大聖堂)へ。

こちらは明治時代に建立された日本ハリストス正教会(キリスト教ギリシャ正教会)の教会で、その歴史的価値から、信徒以外の人も聖堂を拝観させて頂くことが可能です。
S君の故郷ベトナムにはローマカトリックの教会は沢山ありますが、正教会はまずありませんし、日本にあったという事にも驚いてました。


【アメ横】

この後はS君の自転車を停めてある上野に戻り、アメ横で夕飯を食べる事に。
昨日に引き続き寿司屋を探すも、やはり全品一皿100円な激安店は見つからず。
でもここには安くて美味しい海鮮丼屋(以前タイのみんなを案内した店)があるので、今回もそこで夕飯を食べました。


【上野公園】

ご飯あとは、足が超疲れたので上野公園の彰義隊の墓の近くで座って駄弁る。もう当分会えなくなるので、暗くなるまでいろんな話をしました。
その中でS君に、僕の夢は何かと聞かれました。僕は「土地買って自分専用のFSB(ファイヤーサポートベース)作って、そこでBB弾を使わないベトナム戦争リエナクトやりたい」と答えました。だけどそれは遊びとしてやりたい事であって、真に心から求めるものという意味では、僕はすでに夢の入り口に立ち入っている気がします。
この10年、寝ても覚めてもベトナムの事ばかり考えてきた僕が、ベテランの方々に受け入れて頂き、こうしてベトナムの仲間と本当の友達になれたのだから、こんなに嬉しい事はありません。僕にとってこうした出会いは本当に運命めいたものに感じられます。なんかS君にも、他のベトナム人にも、「君の前世は共和国の兵士でしょ」って言われるし(笑)
その上で強いて望みを言えばそれは、いつの日か大手を振ってベトナムに行き、ビエンホアの共和国軍軍人墓地をお参りする事です。これが僕の本当の夢ですね。でも今はまだ出来ません。ナンシー・グエン(※)と同様、政治犯としてベトナム警察に拉致されかねないので。

ナンシー・グエン(Nancy Nguyễn)さん
アメリカの人権活動家。ベトナム系アメリカ人。2016年5月、昨今ベトナムで深刻化している海洋汚染への抗議デモ参加の為サイゴンを訪れた際、宿泊先のホテルで突如ベトナム警察に拘束・監禁される。その後、たまたまオバマ大統領の訪越が重なり、無事解放されたが、外国人すら逮捕状なしに拘束するベトナム共産党の恐怖政治ぶりを世界に示した事件でした。


S君も「タイガさんは危ないからベトナムに行かない方がいい」と言いますが、同時にこうも言ってくれます。。

「そのうち出来るよ。そんなに遠くないうちに。ちょっと待ってて」

頼もしい言葉です。僕は本当に良い友達を持てて幸せです。
短い間だったけど、本当に良い思い出になったよ。
新しい街に行っても元気でね!また会おう!





同じカテゴリー(旅行・海外)の記事画像
連休
映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ──
国際郵便
テレビ、映画、ベトナム語
米国のガンストアとマニアのお宅訪問
アメリカで食べたご飯
同じカテゴリー(旅行・海外)の記事
 連休 (2017-08-17 00:44)
 映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ── (2017-06-15 19:54)
 国際郵便 (2017-06-14 23:22)
 旅の動画 (2017-06-11 23:39)
 テレビ、映画、ベトナム語 (2017-02-12 15:44)
 米国のガンストアとマニアのお宅訪問 (2017-01-13 00:31)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。