カテゴリ
News! (59)
銃器 (27)
映画 (13)
音楽 (11)
言論 (22)
人物 (25)
式典 (2)
BB/歩兵 (15)
ND/空挺 (16)
KB/騎兵 (7)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (1)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (4)
KQ/空軍 (2)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (12)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (4)
1939-1945 (8)
1945-1954 (24)
1954-1975 (193)
1975-1989 (5)

2017年07月08日

新ブログスタート

これまで当ブログでは、現在ベトナムの国内外で行われている民主化運動や、それに対するベトナム共産党政権による凄惨な弾圧について度々お伝えしてきましたが、この度、そういった戦後および現代ベトナムの社会問題に関するブログを新たに立ち上げました。

やはりどんなに真剣にそういった問題を扱っていても、他の記事で『戦争ごっこ』などという常識を欠ていると見られかねない遊びをしているようでは、ちょっと説得力に欠けるよなと前々から思っていました。

そこで、ちょうど先日、お台場で行われた在日ベトナム人によるベトナム共産党政権への抗議デモを取材し、そこで知り合った皆さんに必ずブログに書きますと約束したので、この際新しくブログを作る事にしました。これまでこの一番槍ブログに載せてきた記事も掲載してあります。

ベトナムウォッチ ※ブログ名を変更しました。


今後戦後および現代ベトナム関連の話題はこちらのブログに書いていきますが、記事をアップしたら一番槍の方にもリンクを貼ってお知らせします。

興味のある方は是非ご覧いただき、テレビでは報じられない、ベトナム国民の生の声に少しでも耳を傾けて頂けたら幸いです。





同じカテゴリー(News!)の記事画像
第11回ありがとうコンサートとハン・ニョン中佐
EAリーフをレビュー
映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ──
2016年の思い出
ブログのデザイン変更
2016年の『30-4』
同じカテゴリー(News!)の記事
 第11回ありがとうコンサートとハン・ニョン中佐 (2017-08-07 21:59)
 EAリーフをレビュー (2017-07-22 11:33)
 映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ── (2017-06-15 19:54)
 ベトナム人とドナルド・トランプ (2017-01-21 16:31)
 2016年の思い出 (2016-12-30 22:10)
 ブログのデザイン変更 (2016-06-06 23:38)

この記事へのコメント
新ブログおめでとうございます!
使っているPCのOSが古くて新ブログページに対応できないのでこちらに書込みさせていただきました。
東洋経済を読んで「フォルモサ」の問題はわたしも注目していたのですが、日本在住のべトナムの方々がハンストされていたのですね。全く知りませんでした。独自のネットワークと視点からの貴重な情報をありがとうございました。
Posted by poema15 at 2017年08月07日 22:53
追伸
「使用不可」の単語で送信できなかったため「ざいにちべトナム人」という表記を直したところ送信できました。(それもどの単語が禁止なのか判らないので、何度かリトライしました。今回も送れないのでひらがな表示です。)
いやはや、ヘイト界隈の跋扈が推測されます。なんという時代になったのでしょう。
Posted by poema15 at 2017年08月07日 23:09
poema15さん
ご覧いただきありがとうございます!
今回の活動のメインは翌日のイグナチオ教会での集会だったので、前日のハンストは規模が小さく、フジテレビの目の前でしたが、メディアが取り上げるようなネタとは見做されなかったですね。(日本の公安は様子見に来ていましたが)
どちらかと言うとこのハンストは、日本人に向けたデモンストレーションというよりは、この問題に真剣に取り組むメンバーたちで集まり、仲間内で決意を新たにするための会でした。
ちなみに日本でのフォルモサへのデモとしては、昨年5月に渋谷で1000人規模で行われたものが最大なのですが、ネットを検索した限りでは、それすら日本のメディアが報道した例は一つも見当たりませんでした…。
アメリカが撒いた枯葉剤やクラスター爆弾、反中デモや韓国軍の不祥事など、自分の思想を肯定するのに都合の良いベトナムの悲劇だけは熱心に利用する、自称『ベトナム国民の味方』は右にも左もの大勢いますが、一般のベトナム国民の問題(つまり政治思想的には利用価値のない問題)に目が向けられる日は、まだまだ遠いでしょうね。
僕もたまたまベトナムに縁があったからこの問題を知っただけで、普通に暮らしていたら他国の公害問題になど興味を抱かないでしょうし。しかし関わった以上は、人間としてできる限りの事はしたいと思っています。
Posted by タイガタイガ at 2017年08月10日 11:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。