カテゴリ
News! (75)
銃器 (27)
映画 (14)
音楽 (13)
言論 (29)
民生 (2)
阮朝 (1)
人物 (26)
式典 (3)
BB/歩兵 (18)
ND/空挺 (24)
KB/騎兵 (8)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (2)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (5)
KQ/空軍 (4)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (13)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (6)
1939-1945 (13)
1945-1954 (36)
1954-1975 (241)
1975-1989 (7)

2018年11月01日

アオヤイドール

数年前、たまたま立ち寄ったリサイクルショップでベトナム土産らしきアオザイ(南部発音ではアオヤイ)姿の女性の人形を見つけました。僕は本来こういうグッズは集めていないのですが、この時はつい買ってしまいました。だって値段がたったの50円だったので。

お土産品にしては、なにげにノンラー(笠)の構造が凝ってて面白いのですが、見ての通りお顔がいまいち。センスが古臭い。
なので、どうせタダ同然で手に入れた物なので、頭だけ1/6ドールのものに付け替える事にしました。
こうして1/6ドールの女性ヘッドをネットや秋葉原で探してみたのですが、気に入ったものはどれも最低でも4000円以上しました。
「本体が50円なのに頭に4000円出すのか・・・。なんか悔しいな」と思ってしまい、そういった出来の良いヘッドを買う気にはなれず、結局それから数年間放置していました。

ところが先日、実家を掃除していた際に、昔僕の弟がゲーセンのUFOキャッチャーで取ってきたアニメキャラのフィギュアが見つかり、その頭部の大きさがあのアオザイドールとほぼ同じくらいだったので、これを使っちゃうことにしました。
フィギュアの頭部をバラシてみると、顔の部分は案外小さかったので、頭部そのものを付け替えるのではなく、ドール側の頭部から顔面部分を切り取り、顔だけ付け替える事にしました。こうする事で元からあった化繊の黒髪もそのまま生かせます。
人形とは言え頭部から顔面を剥ぎ取る作業はなかなかグロいものがあるので、作業途中の写真は飛ばします。作業と言っても空洞になった頭部にエポキシパテを詰めてフィギュアの顔面を埋め込んだだけですし。

こうして完成したのがこちら。

うん、だいぶ見れるようになりましたね。完成度を上げるのであれば、いかにも安っぽい手の部分を直すとか色々加工すべき点はありますが、もとからそんなに手間をかける気は無かったので、これで終わりにします。


そう言えば2年前に初めてベトナムを訪れた時は、サイゴンでアイヤイねーちゃん拝むのを楽しみにしてたんです。
こんな感じのを期待して。



でも実際行ってみたら、タンソンニュット出た瞬間からず~とこんなのばっか。


ちょうど夏休みの時期だったので学生すらアオヤイ着ていません。
結局10日間の滞在期間中、アオヤイを目撃したのは空港内のベトナム航空のスタッフだけでした。かぁ~!夢がないね。
言うなれば、外国人が京都観光に行って、芸妓も舞妓も見れずに旅が終わるようなもの。


ちなみにベトナムの民族衣装としてよく知られているアオザイ(アオヤイ)ですが、ベトナム人の中には現代のアオザイは西洋のデザインを取り入れ1930年代にデザインし直されたものであり「ベトナムの民族衣装」ではないと考える向きもあります。
一方そうした声に対しアオザイ研究者からは、1930年代に登場したデザインは現代のアオザイとはかけ離れた西洋風ドレスであり、そうした前衛的なデザインはとうに廃れており、現代のアオザイはむしろ伝統的な姿に回帰しているとする指摘もあるなど、ベトナム人自身の中でも認識は分かれているようです。
ベトナムの民族衣装の歴史について書き出すと長くなるので、これについてはまた改めて記事にしたいと思います。




同じカテゴリー(【ベトナムの文化】)の記事画像
サマーキャンプ
ベトナム語とフォネティックコード
あるベトナム残留日本人と家族の漂泊
下向きシェブロン階級章
ベトナム空軍神風部隊~トートン~浮世絵
ヒーノス歯磨き粉
同じカテゴリー(【ベトナムの文化】)の記事
 サマーキャンプ (2018-08-30 17:02)
 ベトナム語とフォネティックコード (2018-08-28 22:32)
 あるベトナム残留日本人と家族の漂泊 (2018-08-19 19:00)
 下向きシェブロン階級章 (2018-08-02 02:04)
 ベトナム空軍神風部隊~トートン~浮世絵 (2018-06-08 21:43)
 ヒーノス歯磨き粉 (2018-06-07 02:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。