カテゴリ
News! (56)
銃器 (27)
映画 (13)
音楽 (10)
言論 (22)
人物 (23)
式典 (2)
BB/歩兵 (15)
ND/空挺 (15)
KB/騎兵 (7)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (1)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (4)
KQ/空軍 (2)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (11)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (4)
1939-1945 (8)
1945-1954 (23)
1954-1975 (185)
1975-1989 (5)

2015年03月30日

インドシナ半島の諸民族と歴代勢力

僕がベトナム戦争コスプレを集め始めた当初は米軍LRRPのつもりで装備を集めてましたが、周りから「どう見てもヤードor南ベ」と言われまくったせいで、だんだん興味がベトナム人や少数民族の方に移っていきました。
また今思えば、歴史趣味の観点から見ても、20世紀後半最大の戦争であるベトナム戦争は(当然の事ながら)インドシナ半島の人々を中心に発生しており、彼らを知ることはあの戦争を学ぶ上で避けては通れない道でした。
(つまり僕の中では、第2次大戦を学ぶ上でナチス・ドイツを調べるってくらいオーソドックスな事をしているつもり。)

そんな中、最近ベトナムの少数民族に興味があるという声を(極少数w)頂くので、自分用に作った表を公開してみます。
この表は少数民族に限らず、マジョリティーも含めたインドシナ半島に住む民族と歴代の勢力のまとめです。(ただしミャンマーやマレーシアを含めると書ききれないので、インドシナ戦争に関った人々限定)
こうしてまとめてみると、あの地域の歴史の奥深さを感じるのと同時に、何年経っても争い絶えない怨恨の根深さも垣間見れました・・・
付け焼刃な知識なもので、もしかしたら間違ってる部分もあるかも。

(↑クリックで拡大)

表のように、東南アジアには多種多様な人種が入り乱れて住んでいるため、長い歴史の中で混血が進み、遺伝的な意味での『人種』と、共通の文化を持つ集団としての『民族』は必ずしも一致しません。
日本列島の場合、住民のほとんどを単一人種が占めるため、人種と民族はほぼ同義ですが、これは狭い島国ならではの現象です。(日本列島東部に住んでいた非大和文化の蝦夷も征服され大和民族に同化した)
大陸では常に異人種との混血が繰り返された為、人種(血統)という概念はあまり意味を持たない地域が多いようです。特にタイ族やデガは人種や言語すら違う多数の民族に分かれていますが、文化面で共通した物を持っているため、一つの民族グループと見なされています。

【民族グループの分類】

ベトナム人
大越国を興したキン族(ベト族)。現ベトナムの多数派民族。

カンボジア人
アンコール王朝を興したクメール族。現カンボジアの多数派民族。大越国に敗れベトナム南部に取り残されたクメール族はKKK(クメール・カンプチア・クロム)と呼ばれる。

ラオス人
南詔王国を興したタイ族の一派のラオ族。現ラオスの多数派民族。山岳地帯に住むラオ族は他のタイ族同様山岳民族の文化を持つ。

シャム人
アユタヤ王朝を興したタイ族の一派の小タイ族。現タイの多数派民族。

タイ族(北部モンタニャール)
中国南部を発祥とするタイ系山岳民族の総称。キン族の近縁であるヴェト・ムオン語族系山岳民族もタイ文化を持つことから広義のタイ族に含まれている。

中国人
歴代の中国王朝を通じて築かれた中華文化を継承する人々。現中国の多数派民族。

チャム人
チャンパ王国を興したチャム族。本来は沿岸部や河川域に住む海洋民族。サンスクリット文字やヒンドゥー教といったインド文化を継承しているが、現在はイスラム教徒が多数を占める。

デガ(南部モンタニャール)
現ベトナム・カンボジア中部高原に住む山岳民族の総称。かつてチャンパ王国の一部であった。人種的にはチャム人の近縁であるオーストロネシア語族系と、カンボジア人に近いモン・クメール語系の二派に分かれるが、文化的には共通している。




【モンタニヤードとCIDG計画について】

ベトナム戦争中、CIDG計画には『デガ(南部モンタニャール)』と呼ばれる人々も参加していましたが、アメリカ人は少数民族についてよく分かっていなかったため、モンタニャール(山岳民族)ではないチャム族やクメール族までもが、全部ひっくるめて『モンタニヤード(モンタニャールの英語読み)』と呼ばれてしまいました。また反対に、本来北部のモンタニャールであった(※)タイ族系のヌン族は、顔も文化も中国人風であったためアメリカ人からは『チャイニーズ』と呼ばれ、『ヤード』には含まれませんでした。(単に色黒・顔が濃い=ヤード、色白・平たい顔=ベトナム人or中国人という認識しかなかった)
※CIDGに参加したヌン族は、ホー・チ・ミン政権の弾圧を受け難民としてベトナム南部メコンデルタに移住していた人々。日本ではさらに少数民族=ヤードと誤解された結果、偶然ヤードという本来の認識に戻っている
なお、その他のモン族やタイー族、ムオン族といったタイ族(北部モンタニャール)はベトナム共和国領には住んでおらず、CIDGには参加していません。
過去記事CIDGの人々』参照



【おまけ】

ネットで拾った詳細不明の画像。マイクフォースっぽいけど、当時の写真なのか戦後のコスプレなのか判断に迷う。


装備の付け方とか、アメリカ人の持ってる銃とか、いかにも本に載ってたカッコイイ装備例を真似しましたって感じでインチキ臭い。
でも着てる服とか人間は本物っぽい。7:3で当時写真のような気もするけど、確信は持てないな~


なお、こっちは間違いなくアメリカのリエナクターのコスプレ写真(ベトナム共和国軍NKT連絡局"雷虎"隊員)


お見事。雰囲気出すぎ。ズルい。




同じカテゴリー(【ベトナム国・ベトナム共和国】)の記事画像
フェニックス・プログラムとPRU
映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ──
国際郵便
QC/軍警隊
つるつるヘルメット
5月の撮影会
同じカテゴリー(【ベトナム国・ベトナム共和国】)の記事
 フェニックス・プログラムとPRU (2017-06-24 16:25)
 映画 Trên Bốn Vùng Chiến Thuật ── 四つの戦術地区で ── (2017-06-15 19:54)
 国際郵便 (2017-06-14 23:22)
 QC/軍警隊 (2017-06-05 23:10)
 つるつるヘルメット (2017-06-01 01:18)
 5月の撮影会 (2017-05-21 00:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。