カテゴリ
News! (84)
銃器 (39)
映画 (18)
音楽 (13)
言論 (30)
民生 (3)
阮朝 (1)
人物 (28)
式典 (3)
BB/歩兵 (26)
ND/空挺 (35)
KB/騎兵 (9)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (2)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (5)
KQ/空軍 (7)
QY/衛生 (1)
QC/憲兵 (4)
軍犬隊 (1)
FULRO (10)
デガ (18)
モン族 (13)
ヌン族 (7)
本土軍 (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (6)
1939-1945 (15)
1945-1954 (54)
1954-1975 (339)
1975-1989 (8)

2016年07月20日

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴

前記事『CIDG計画の組織』の補足です。

 元ベトナム共和国陸軍大尉ハ・キ・ラム(Hà Kỳ Lam)氏のブログに、自身の経歴と当時の写真が掲載されていたので、その一部をご紹介します。ラム氏の軍歴は、1960年代~70年代にかけてCIDG(越語DSCĐ)部隊を指揮したLLĐB将校の典型であり、当時のLLĐBとCIDGの関係を示す良い例だと思います。

【本文・画像引用】
ハ・キ・ラム氏ブログ http://hakylam.com/?page_id=46

1960年 クアンナム省ホイアンで短期間教員を務める

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲教員時代のラム氏(1960年)

トゥドゥック予備士官学校13期卒業、陸軍少尉に任官
1963年 第22歩兵師団(コントゥン省ダクロタ)第40歩兵連隊第2大隊内の小隊長に着任
その後特殊部隊(LLĐB)へ異動。LLĐB将校として1964年から1970年まで国境LLĐBキャンプ(Căn cứ Biên phòng Lực Lượng Đặc Biệt)CIDGキャンプ・ストライク・フォースを指揮する。
※()内はキャンプ付き=CIDG計画担当グリーンベレー分遣隊

1964年 クアンナム省カムドク国境LLĐBキャンプ中隊長 (USSF A-105) 
1965年 クアンチ省ケサン国境LLĐBキャンプ中隊長(MACV-SOG FOB3)
1966年 トゥアティエン省アシャウ国境LLĐBキャンプ副指揮官
1966年 コントゥン省ダクサン国境LLĐBキャンプ指揮官(USSF A-245)
1967-1968年 プレイク省プレイメ国境LLĐBキャンプ指揮官(USSF A-255)
1968年 コントゥン省バンヘット国境LLĐBキャンプ指揮官
1968-1969年 コントゥン省ポレイクレン国境LLĐBキャンプ指揮官(USSF A-241)

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
LLĐB転科後(1964年)

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
ケサン国境LLĐBキャンプにて(1965年)

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲1968年当時のラム大尉

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
後に妻となるグエン・ティ・ニョンとサイゴンにて(1969年1月)

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲グリーンベレーマガジンに紹介されるラム大尉(1969年)
※この画像はグリーンベレーマガジンからの引用として英国の新聞に掲載されたものだが、キャプションに誤って1968年と記載されている

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲ポレイクレン国境LLĐBキャンプにて(1969年)

1970年、米軍グリーンベレーのベトナム撤退に伴いCIDG計画は終了し、国境LLĐBキャンプCIDG部隊はレンジャー科(BĐQ)に移管され、国境レンジャー(BÐQ Biên Phòng)へと改称される。
ラム大尉はBĐQに転科し、プレイク省の第81国境レンジャー大隊(旧・ドゥッコ国境LLĐBキャンプ)大隊長として引き続きCIDG部隊を指揮する。

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲作戦行動中のラム大尉(1970年11月)

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲大隊長として第81国境レンジャー大隊を閲兵するラム大尉(1971年)

1971-1974年 第3軍管区BĐQ司令部勤務
1974-1975年 アメリカ陸軍歩兵学校にて研修。IOAC-7/74(歩兵将校上級課程1974年7期)修了
1975年4月上旬 ベトナムに帰国

CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
▲米国ジョージア州フォート・ベニング陸軍歩兵学校にて(1974年12月)

終戦後、共産政権に逮捕され収容所に6年間投獄される
1975-1976年 ビエンホア収容所(1年)
1976-1979年 ハノイ北西部ソンラ収容所(3年)
1979-1980年 ニェティン省タンキ収容所(2年)
1981年1月 釈放
1981年5月 家族を連れて47名の難民と共にボートでベトナムから脱出
3日後、公海上でフランスの貨物船に救助されシンガポールへ入港
1981年10月 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の第三国定住プログラムによってアメリカに定住

 CIDG部隊指揮官ハ・キ・ラム大尉の経歴
現在米国ニュージャージー州で暮らすラム氏(2012年)



<参考動画>
ドン・バ・シンLLĐB訓練センターにおけるCIDG隊員への教練 (1970年6月)









同じカテゴリー(【ベトナム共和国軍】)の記事画像
自撮りと縫物
M9風ガスマスク
自撮りと加工
最近縫ったもの
最近やった作業
ダオ少将のサイン復元
同じカテゴリー(【ベトナム共和国軍】)の記事
 自撮りと縫物 (2021-06-20 14:34)
 M9風ガスマスク (2021-06-19 21:23)
 自撮りと加工 (2021-06-06 04:26)
 最近縫ったもの (2021-06-02 00:58)
 最近やった作業 (2021-05-22 20:56)
 ダオ少将のサイン復元 (2021-05-15 20:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。