カテゴリ
News! (88)
銃器 (50)
映画 (18)
音楽 (15)
言論 (31)
民生 (3)
阮朝 (1)
人物 (27)
式典 (3)
BB/歩兵 (27)
ND/空挺 (40)
KB/騎兵 (9)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (3)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (7)
KQ/空軍 (9)
QY/衛生 (1)
QC/憲兵 (4)
軍犬隊 (1)
FULRO (10)
デガ (20)
モン族 (14)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (7)
1939-1945 (19)
1945-1954 (70)
1954-1975 (394)
1975-1989 (9)

2022年05月23日

10年ぶりにライブに行く

僕は普段CDを買ってまで音楽を聴くことはほとんど無いのですが、L'Arc~en~Cielだけは12歳の時からずっと大好きで、唯一すべてのアルバムを買い揃えているアーティストです。

世の中にはラルクにとんでもない大金をつぎ込んでるファンも多いので、ファンクラブにも入っていない僕ごときがファンを名乗るのはちょっと恥ずかしいのですが、一応僕もラルク好きの端くれでございます。

また音楽は家や車の中で聴くだけでライブに行く習慣も無いので、これまで行った事のあるライブは、2012年のラルクのライブ『20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL (日産スタジアム)』の1回きりでした。

それから時は流れて2022年1月、インターネットでたまたま5月の『30th L'Anniversary LIVE(東京ドーム)]』の告知を見た時、「そう言えば最後にライブ行ってから丁度10年だし、ラルクも30周年だから記念に行っておこう」という気持ちになり、超久々にチケットを購入しました。


今回は5月21、22日の二日間公演があるので、二日とも行ってきました。

1日目

2日目


なんか、自分が子供の頃から憧れてる人たちが、まだこうして第一線で活躍しているのを見れて感動しました。
また、僕は普段、趣味の上でも実生活における物の考え方でも、あらゆる面で全く他人と共感できない孤独な人生を送っておりますが、唯一ラルクに関してだけは、同じ音楽が好きな人が今もこんなに居るのかと驚きを感じます。
僕は歳を取るごとに色んな物事に興味を失い、好きなものが減っていく一方なのですが、久々に「ラルクの音楽が好きだ」とはっきり自覚できた二日間となりました。
  


Posted by 森泉大河 at 14:50Comments(0)音楽

2022年04月13日

夕陽之歌

※2022年4月14日更新

今回ベトナム紀行はいったんお休みして、最近マイブームの『夕陽之歌』について。

夕陽之歌は近藤真彦の『夕焼けの歌』香港の国民的スター アニタ・ムイ(梅艷芳)が広東語でカバーした曲で、映画『アゲイン/男たちの挽歌III(英雄本色III)』の主題歌でもあります。

(僕は映画の方でこの曲を知ったので原曲が近藤真彦のものだったと知ったのは実はつい最近の事でした笑)



先日この映画を見直していたら、無性に夕陽之歌をカラオケで歌いたい衝動に駆られてしまったのです。
英雄本色III自体についもいずれ記事にしなくてはと思っていますが、まずは大好きな主題歌を歌えるように練習しました。

しかし当然僕は広東語はできないので、歌詞に仮名が振ってあるサイトがないか、インターネットで探したのですが、ヒットしませんでした。
なので仕方なく自分で仮名を振る事に。
まず、歌をそのまま聞いただけでは発音があいまいで聞き取れない部分が多いので、歌詞を細かく区切って、こちらの広東語読み上げツールで文節ごとに発音を確認(カタカナ化)します。
その上で、実際にアニタさんが歌っている声を聴き、機械読み上げでは表現されない、歌う上での発音に近付くよう修正しました。
こうして自分用に作ったカタカナ歌詞が以下になります。


夕陽之歌
作詞:陳少琪    作曲:Kohji Makaino

――――――――――――――――――――前半――――――――――――――――――

ツェーユモハン   モノイズィ ヤセガッツァラン
斜陽無限       無奈只一息間燦爛

チョイワン ハーチサン  ツァホイテイ コンツォイファッフォワン
隨雲霞漸散        逝去的光彩不復還

チーチミンユー  ナンノイツェー ヤッサンテンピワン
遲遲年月     難耐這一生的變幻

ユファー ワンチョイサン チビーツェー  ツォソンテーグナー
如浮雲聚散         纏結這滄桑的倦顏

マンチェロウ ツァココイラトイガン
漫長路      驟覺光陰退減

フニャンチョティンツォン メチョイファン
歡欣總短暫未再返

ナコホトウォーモスン シーペンタン
哪個看透我夢想是平淡

ツァンユーシャティトー フンユファン
曾遇上幾多風雨翻

ピンツェモーカウ チョーモワン
編織我交錯夢幻

ツァンユーネイツァンサーン テイペイワン
曾遇你真心的臂彎

オウォーツァ コーワンナン
伴我走過患難

ファンコチョンサン フイータン
奔波中心灰意淡

ロサファンユーホーチー ツォイヤッファン
路上紛擾波折再一彎

ヤッティン スントホイーホイターイマーン
一天想到歸去但已晚

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(間奏)


(前半繰り返し)

(間奏)

啊・・・ 

ティンサンクータンテイウォーサンノタン
天生孤單的我心暗淡

ロサンフォンスンホーシウ ツォイヤッファン
路上風霜哭笑再一彎

ヤッティンスン スントホイーホイターイマーン
一天想 想到歸去但已晚

――――――――――――――――――――後半――――――――――――――――――

ツァンユーシャティトー フンユファン
曾遇上幾多風雨翻

ピンツェモーカウ チョーモワン
編織我交錯夢幻

ツァンユーネイツァンサーン テイペイワン
曾遇你真心的臂彎

オウォーツァ コーワンナン
伴我走過患難

ファンコチョンサン フイータン
奔波中心灰意淡

ロサファンユーホーチー ツォイヤッファン
路上紛擾波折再一彎

ヤッティンスン スントホイーホイターイマーン
一天想 想到歸去但已晚

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(後半繰り返し)

歌詞が出来たら、あとは原曲を聴きながら練習するだけ。
数日練習したら、ある程度歌えるようになったので、香港人の友人に見せるために動画を撮りました。


つたない発音ですが、日本人が香港の歌を歌っている事には喜んでもらえたので良かったです。

実は僕は以前から、香港映画の影響で何曲か広東語の曲を練習しており、すでに以下の3曲は歌えるようになりました。


考えてみると、歴史趣味ではベトナム一辺倒な僕だけど、映画や歌などのカルチャー面では香港が大好きみたいです。
だからその分、2019年の香港民主化デモの時は、北京の中共政府に立ち向かう若者たちを心から尊敬した一方、香港社会の仕組みそのものはまんまと中共に飲み込まれたという現実に、かなり暗い気持ちになりました。
かつてジャッキーが演じた香港警察が、いまや北京の犬・・・。
これはある面では、香港人の民心が低きに流れて中共側に傾いた結果でもあるので、単に香港全体を被害者と見るつもりはないのですが・・・。
中国しかり、ベトナムしかり、ロシアしかり。人の心の弱さにつけ込み、気持ちの良い情報を与えて大衆を蒙昧にし、利用するのが独裁政権だという事を改めて認識させられました。
  


Posted by 森泉大河 at 09:50Comments(0)2010年代・現在1975-1989【中国】音楽言論

2018年07月21日

軍装ガイド進捗

服以外の小物も出来る限りイラストにしております。



正直、風呂敷広げ過ぎたかも知れない・・・
つい「1946年からやる(=植民地軍も含める)」と口走ってしまったせいで、ベルティエ小銃なんて19世紀の骨董品を一から調べる羽目になっております。(これがまたバリエーションが多いんだ・・・)

こんなにこだわっても、タイトルが『ベトナム軍』である限りろくに売れないのは分かってます。
もしこれが『フランス外人部隊』とか『ナム戦アメリカ軍』だったら、この本の3分の1の内容で3倍は売れるでしょう。
でも、それは出来ません。


そもそも愛がなければ、こんな七面倒くさい事やってないですしね。
まだ個人装備の方には手を付けてないので、まだまだがんばるゾーイ!!



【おまけ】

アイドルに興味無かった僕が唯一好きになった台湾のアイドルグループ 伊梓帆(イー・ツー・ファン)を宣伝。


伊梓帆はもともと台湾プロ野球のチアリーダーからアイドルとして独立した3人組で、グループ名の由来は各メンバーの名前/ニックネームから。

末っ子:陳奕如陳伊(チェンイー)または伊伊(イーイー)
隊長:董梓甯/梓梓(ツーツー)またはChloe(クロエ)
副隊長:楊曉帆/小帆(シャオファン)またはFan(ファン)

僕は特に小帆ちゃんが好きです。
僕は4年前から彼女たちのFacebookをチェックしており、その間2回も台湾に行く機会があったのですが、向こうは芸能人なのでそうそうお目にかかれるものではないですね。ライブの日にちも合いませんでしたし。
逆に伊梓帆は時々日本にも来てるようなのですが、いつも写真集やVTR撮影で来るだけで、ライブやファンとの交流会はありません。
おそらく日本にファンがいるって事自体認識してないかも・・・。ここにいるぞー!!!
もともとチアだけあって今まではイベントでのダンス活動が中心だったけど、今年4月にはついに1stシングル『Boy,Why Boy』をリリースした事だし、いつかK-POPみたいに日本進出する日を待ってるよー


  


2017年10月07日

9~10月の日常

<衆院選>

枝野さんかっこいいですね。道のりは険しいですが、これからも頑張って頂きたいです。応援しています。
そして一刻も早く安倍内閣、自民・公明政権を終わらせ、戦後日本国民が培ってきた知性と品位をこの国に取り戻す事を心から願っています。



<ラーメン二郎新潟店・会津若松店>

9月は新潟に1週間出張があったので、当然のごとくラーメン二郎新潟店に食べに行く(2度目)。[画像左]
ついでに帰りは磐越道を通り、ようやく会津若松店に行く事が出来マシた。[画像右]


これでまだ食せていないラーメン二郎は、残すところ札幌、仙台、京都の3店舗のみ。
うまい事そっちに出張にならないかなぁ。仙台は一度行ったけど、新幹線で日帰りだったから時間無くて、昼食は駅前のサイゼという悲しいオチだったたんだよねぇ。


↓今まで食べた店。緑がラーメン二郎で、赤が二郎インスパイア系
そろそろ100店舗超えてると思う。(90店過ぎたあたりから数えてない)



<カラオケと飲み会>

8月の在日ベトナム人協会サマーキャンプで友達になった皆と飲み会&カラオケ行ってきました。
当日はまず高田馬場でバインミー食べて、新大久保でカラオケして、歌舞伎町の居酒屋でベトナムに帰る人の送別会やって、また新大久保で遅くまでカラオケという流れでした。その間、移動は全て徒歩。けっこうな距離を歩きました。
東京最大のコリアンタウンとして観光地化している新大久保ですが、現在はタイやベトナム、ネパールなどから来た人も増え、多国籍な感じの街になっています。そんな新大久保ですから、カラオケ店も客の多様化に対応して、日本のカラオケには入っていない各国の歌を唄えるよう、カラオケの機械にiPhoneを接続してYoutubeの動画が流せるコネクターが完備されていました。
この日集まった皆はベトナムの環境問題や人権問題に取り組む青年グループのメンバー。汚職と貧困、暴力がはびこるベトナム共産党独裁政権の下に育ちながらも、勉学に励んで日本に渡り、遠い異国に暮らしながらも祖国の発展と国民救済のための運動を続けている人たちです。100年前のファン・ボイ・チャウやクォン・デじゃないけど、彼等にとって日本という国は、経済的成功と同時に人権と言論の自由が保証された未来のベトナムの理想像であり、私としても自分の国がそう見られている事は誇らしく思います。(だからこそ日の丸で千摺りこく事しか頭に無い厚顔無恥な『保守』が大嫌いなんですけどね。)

ベトナム国内では公の場で唄っただけで警察に逮捕される『反動』な歌も、日本では唄い放題です(笑)



<10/5の一人カラオケ>

先日仕事で待ち合わせしていたら、迎えに来る車が故障してレッカー呼んでるらしく、レンタカーで出直すまで3時間以上駅前で待つ羽目になったので、また一人カラオケ行ってきました。
[歌った曲]
仮面ライダーBLACK RX / 宮内タカユキ
嵐の勇者 / 岡柚瑠
輝け!!ダグオン / Nieve
少年 / 黒夢
街 / SOPHIA
ジュリア / 河村隆一
HELLO / 福山雅治
“good-morning Hide / L'Arc~en~Ciel
GLAMOROUS SKY [ENGLISH VER.] / HYDE
TRY AGAIN / Fire Bomber 
レッツゴー ゲキガンガー3 / 金田めろん
疾風になれ / JAM Project featuring 松本梨香、影山ヒロノブ
ILLUSION / INVOICE
感動!ヱクセリヲンのマーチ / 東京混声合唱団
(メモってなかったのであとは思い出せません・・・)


ジュリア」は何度歌っても、一人で歌ってても、歌ってるとだんだん照れくさくなってきて口下がニヤついてしまうんだよねぇ・・・。
だがそれが良い。

  


Posted by 森泉大河 at 14:09Comments(0)音楽言論ラーメン

2017年08月22日

ヒトカラ

今週は仕事で山梨県に一週間出張中なのですが、夜はする事がなくて暇を持て余していました。
今日で滞在二日目ですが、初日の時点で退屈に耐えかねたので、今日はホテルの近くにあるカラオケ屋で数年ぶりに一人カラオケをしてきました。
はじめは、一人で3時間は長すぎかなと思っていたのですが、いざ歌い出すと、かつてのカラオケ中毒の血が騒ぎ、楽しくて仕方なくなってしまいました。
結局、一時間延長して4時間で41曲を歌ってきました。








昔友達と二人で8時間歌い続けたことはあるけど、一人カラオケでここまで歌えるとは自分でも意外でした。
気持ち的にはまだまだ歌いたかったけど、さすがに最後の方は喉がガラガラになってきたので、42曲目の途中でギブアップした次第です。
僕は過去に一人カラオケした経験は一度しかなく、その時はそんなに楽しくなかった記憶があるので今まで一人カラオケをする機会はありませんでしたが、今回やってみて、予想外に楽しめる事が分かったので、今後行く機会が増えそうです。
と言うか、山梨での仕事がまだあと3日間残っているので、その間他にする事が無い。あまりお金使いたくないし。僕お酒飲まないし。

経費でコンパニオン呼べませんか?ダメですか。そうですか。  


Posted by 森泉大河 at 23:29Comments(0)音楽

2017年02月04日

最近やってたこと

足温器に包まり、椎名恵のLOVE IS ALLをリピートで聴きながらやってた事。




国旗とか



歴代指揮官リストとか

出典: Command histories and historical sketches of RVNAF divisions, アメリカ合衆国国務省

第1軍団
(1957年5月11日付の参謀部指令『2,145/TTM/1/1/MK』に
基づき1957年6月1日創隊)
中将 Thai Quang Hoang* 11/23/56 10/15/57
中将 Tran Van Don 10/15/57 12/07/62
少将 Le Van Nghiem 12/07/62 08/21/63
少将 Do Cao Tri 08/21/63 12/11/63
中将 Nguyen
Khanh 12/11/63 01/30/64
少将 Ton That Xung 01/30/64 11/14/64
中将 Nguyen Chanh Thi 11/14/64 03/14/66
少将 Nguyen Van Chuan 03/14/66 04/09/66
中将 Ton That Dinh 04/09/66 05/15/66
少将 Huynh Van Cao 05/15/66 05/30/66
中将 Hoang Xuan Lam 05/30/66 05/03/72
中将 Ngo Quang Truong 05/30/72
* 日付は第1軍管区の前身である旧第2軍管区司令への就任日






第2軍団
(1957年10月1日創隊)
少将 Tran Ngoc Tam 10/01/57 08/13/58
少将 Ton That Dinh 08/13/58 12/20/62
中将 Nguyen
Khanh 12/20/62 12/12/63
中将 Do Cao Tri 12/12/63 09/15/64
少将 Nguyen Huu Co 09/15/64 06/25/65
中将 Vinh
Loc 06/25/65 02/28/68
中将 Lu
Lan 02/25/68 09/28/70
中将 Ngo
Dzu 09/28/70 05/10/72
少将 Nguyen Van Toan 05/10/72
少将 Pham Van Phu 12/01/74 02/02/75






第3軍団
(1959年6月1日仮編成, 1960年5月20日正式創隊)
中将 Thai Quang Hoang 03/01/59 10/11/59
中将 Nguyen Ngoc Le 10/11/59 05/06/60
少将 Le Van Nghiem 05/06/60 12/07/62
少将 Ton That Dinh 12/07/62 01/05/64
中将 Tran Thien Khiem 01/05/64 02/02/64
少将 Lam Van Phat 02/02/64 04/04/64
中将 Tran Ngoc Tam 04/04/64 10/12/64
准将 Cao Van Vien 10/12/64 10/11/65
少将 Nguyen Bao Tri 10/11/65 06/09/66
中将 Le Nguyen Khang 06/09/66 08/05/68
中将 Do Cao Tri* 08/05/68 02/23/71
中将 Nguyen Van Minh 02/23/71 10/29/73
中将 Pham Quoc Thuan 10/29/73 10/23/74
中将 Du Quoc Dong 10/23/74 02/01/75
中将 Nguyen Van Toan 02/01/75 04/30/75
* 1971年2月23日ヘリコプター墜落により戦死






第4軍団
(1963年1月1日創隊)
少将 Huynh Van Cao* 01/01/63 11/04/63
少将 Nguyen Huu Co 11/04/63 03/04/64
少将 Duong Van Duc** 03/04/64 09/13/64
少将 Nguyen Van Thieu 09/15/64 01/20/65
中将 Dang Van Quang 01/20/65 11/23/66
少将 Nguyen Van Manh 11/23/66 02/29/68
中将 Nguyen Duc Thang 02/29/68 07/01/68
中将 Nguyen Viet Thanh*** 07/01/68 05/04/70
少将 Ngo
Dzu 05/04/70 08/24/70
中将 Ngo Quang Truong 08/24/70 05/04/72
少将 Nguyen Van Nghi 05/04/72
少将 Nguyen Khoa Nam 01/01/74 Suicide
* 1963年11月1日クーデターの直後に更迭
** 1964年9月13日クーデターを試み未遂に終わる
*** 1970年5月2日ヘリコプター墜落により戦死












第1歩兵師団
大佐 Le Van Nghiem 01/01/55 12/15/55
大佐 Nguyen
Khanh 12/15/55 08/14/57
大佐 Ton That Dinh 08/14/57 08/09/58
大佐 Nguyen Van Chuan 08/09/58 07/30/59
大佐 Ton That Xung 07/30/59 12/02/60
大佐 Nguyen Duc Thang 12/02/60 10/01/61
大佐 Nguyen Van Thieu 10/01/61 12/08/62
大佐 Do Cao Tri 12/08/62 12/12/63
大佐 Tran Thanh Phong 12/12/63 02/19/64
准将 Nguyen Chanh Thi 02/19/64 10/21/64
准将 Nguyen Van Chuan 10/21/64 03/14/66
准将 Phan Xuan Nhuan 03/14/66 06/18/66
少将 Ngo Quang Truong 06/18/66 08/23/70
少将 Pham Van Phu 08/23/70 11/12/72
准将 Le Van Thao 11/12/72 10/31/73
大佐 Nguyen Van Diem 10/31/73






第2歩兵師団
大佐 Ton That Dinh 01/01/55 11/02/56
中佐 Dang Van Son 11/22/56 06/14/57
中佐 Le Quang Luong 06/14/57 08/23/58
大佐 Duong Ngoc Lam 08/23/58 06/08/61
大佐 Lam Van Phat 06/08/61 06/18/63
大佐 Truong Van Chuong 06/18/63 01/30/64
准将 Ton That Xung 12/06/63 01/30/64
准将 Ngo
Dzu 01/30/64 07/29/64
大佐 Nguyen Thanh Sang 07/29/64 10/15/64
少将 Hoang Xuan Lam* 10/15/64 01/10/67
少将 Nguyen Van Toan 01/10/67 01/22/72
准将 Phan Hoa Hiep 01/22/72 08/27/72
准将 Tran Van Nhut 08/27/72 04/30/75
* 1966年5月30日より第1軍団指令兼任






第3歩兵師団
准将 Vu Van Giai** 10/01/71 05/03/72
少将 Nguyen Duy Hinh 06/09/72
准将 Vu Quang Giai 1973 04/30/75
** 1972年5月3日指揮官の任を解かれる






第5歩兵師団
大佐 Vong A Sang 03/01/53 10/25/56
大佐 Pham Van Dong 10/25/56 03/18/58
中佐 Nguyen Quang Thong 03/18/58 09/16/58
大佐 Ton That Xung 09/16/58 11/19/58
中佐 Dang Van Son 11/19/58 08/03/59
大佐 Nguyen Van Chuan 08/03/59 05/20/61
BG Tran Ngoc Tam 05/20/61 10/16/61
大佐 Nguyen Duc Thang 10/16/61 12/20/62
大佐 Nguyen Van Thieu 12/20/62 02/02/64
准将 Dang Thanh Liem 02/02/64 06/05/64
准将 Cao Hao Hon 06/05/64 10/21/64
准将 Tran Thanh Phong 10/21/64 07/19/65
少将 Pham Quoc Thuan 07/19/65 08/15/69
少将 Nguyen Van Hieu 08/15/69 06/14/71
准将 Le Van Hung 06/14/71 09/04/72
准将 Tran Quoc Lich 09/04/72 11/07/73
大佐 Le Nguyen Vy 11/07/73 suicide






第7歩兵師団
中佐 Nguyen Huu Co 01/01/55 06/15/55
大佐 Ton That Xung 06/15/55 04/27/57
中佐 Ngo
Dzu 04/27/57 03/17/58
大佐 Tran Thien Khiem 04/17/58 03/30/59
大佐 Huynh Van Cao 03/30/59 12/22/62
大佐 Bui Dinh Dam 12/22/62 11/01/63
准将 Nguyen Huu Co 11/01/63 11/05/63
大佐 Pham Van Dong 11/05/63 12/02/63
准将 Lam Van Phat 12/02/63 02/02/64
大佐 Hui Huu Nhon 02/02/64 03/07/64
大佐 Huynh Vau Ton 03/07/64 09/16/64
准将 Nguyen Bao Tri 09/16/64 10/09/65
准将 Nguyen Viet Thanh 10/09/65 07/03/68
准将 Nguyen Thanh Hoang 07/03/68 01/16/70
少将 Nguyen Khoa Nam 01/16/70 01/01/74
准将 Tran van Hai 04/30/75 suicide






第9歩兵師団
大佐 Bui
Dzinh 01/01/62 11/07/63
大佐 Doan Van Quang 11/07/63 02/09/64
准将 Vinh
Loc 02/09/64 05/29/65
准将 Lam Quang Thi 05/29/65 07/03/68
少将 Tran Ba Di 07/03/68 10/26/73
准将 Huynh Van Lac 10/26/73






第18歩兵師団
大佐 Nguyen Van Manh 06/05/65 08/20/65
准将 Lu
Lan 08/20/65 09/16/66
准将 Do Ke Giai 09/16/66 08/20/69
少将 Lam Quang Thi 08/20/69 04/04/72
准将 Le Minh Dao 04/04/72






第21歩兵師団
中佐 Nguyen Bao Tri* 06/01/59 09/08/59
中佐 Tran Thanh Chieu 09/08/59 02/02/60
大佐 Tran Thien Khiem 02/02/60 12/01/62
大佐 Bui Hue Nhon 12/01/62 11/01/63
大佐 Cao Hao Hon 11/01/63 06/01/64
准将 Dang Van Quang** 06/01/64 01/20/65
大佐 Nguyen Van Phuoc 01/20/65 03/24/65
准将 Nguyen Van Minh 03/24/65 06/15/68
少将 Nguyen Vinh Nghi 06/15/68 05/03/72
准将 Ho Trung Hau 05/03/72 08/21/72
准将 Chuong Dzenh Quay 08/21/72 06/09/73
准将 Le Van Hung 06/09/73 Suicide
* 1957年10月16日第21歩兵師団の前身の第11軽師団指揮官に就任
** 1965年1月20日辞職






第22歩兵師団
中佐 Nguyen Van Chuan* 08/01/55
中佐 Le Huy Duyen* 02/19/57
中佐 Ho Van To* 06/14/57
中佐 Tran Thanh Chieu* 04/01/60 09/08/60
中佐 Nguyen Hao Tri 09/08/59 11/05/63
大佐 Nguyen Thanh Sang 11/05/63 02/05/64
准将 Linh Quang Vien 02/05/64 09/07/64
大佐 Nguyen Van Hieu 09/07/64 10/24/64
准将 Nguyen Xuan Thinh 10/24/64 04/01/65
准将 Nguyen Thanh Sang 04/01/65 06/28/66
准将 Nguyen Van Hieu 06/28/66 08/11/69
准将 Le Ngoc Trien 08/11/69 03/01/72
大佐 Le Duc Dat** 03/01/72 04/01/72
准将 Phan Dinh Niem 04/02/72
* 第22歩兵師団の前身の第14軽師団指揮官
** 1972年4月22日戦闘中行方不明






第23歩兵師団
中佐 Nguyen The Nhu* 08/01/55
中佐 Nguyen Van Vinh* 09/16/56
中佐 Bui
Dzinh* 04/09/58
中佐 Tran Thanh Phong 05/19/59 05/17/61
大佐 Le Quang Luong 05/17/61 12/14/63
准将 Hoang Xuan Lam 12/14/63 10/14/64
准将 Lu
Lan 10/14/64 08/20/65
准将 Nguyen Van Manh 08/20/65 11/24/66
准将 Truong Quang An** 11/24/66 09/09/68
准将 Vo Van Canh 09/09/68 01/25/72
准将 Ly Tong Ba 01/25/72 10/20/72
准将 Tran Van Cam 10/20/72 11/14/73
大佐 Le Truong Tuong 11/24/73
* 第23歩兵師団の前身の第15軽師団指揮官
** ヘリコプター墜落により戦死






第25歩兵師団
大佐 Nguyen Van Chuan 07/01/62 12/28/62
大佐 Lu
Lan 12/28/62 04/19/64
大佐 Nguyen Viet Dan 04/19/64 12/01/64
准将 Nguyen Thanh Sang 12/01/64 04/06/65
准将 Phan Trong Chinh 04/06/65 01/10/68
中将 Nguyen Xuan Thinh 01/10/68 01/25/72
准将 Le Van Tu 01/25/72 11/07/73
大佐 Nguyen Huu Toan 11/07/73






空挺師団
中佐 Do Cao Tri 03/01/55 09/01/56
大佐 Nguyen Chanh Thi 09/01/56 11/12/60
大佐 Cao Van Vien 11/12/60 12/19/64
中将 Du Quoc Dong 12/19/64 11/11/72
准将 Le Quang Luong 11/11/72






海兵師団
中佐 Le Quang Trong 10/01/54 01/16/56
少佐 Pham Van Lieu 01/16/56 07/31/56
大尉 Bui Pho Chi* 07/31/56 09/30/56
少佐 Le Nhu Hung 09/30/56 05/07/60
少佐 Le Nguyen Khang 05/07/60 12/16/63
中佐 Nguyen Ba Lien 12/16/63 02/26/64
中将 Le Nguyen Khang 02/26/64 05/05/72
准将 Bui The Lan 05/05/72
* 指揮官代理




今こんな気分だけど、あと2か月したら終わるので、それまでじっと耐えよう・・・
  


2016年03月21日

カラオケとアニメの思い出

日曜日、地元の友達とラーメン二郎JR西口蒲田店で夕飯食べた後、超久しぶりにカラオケに行きました。

[歌ったお歌]
GLAMOROUS SKY / NANA starring MIKA NAKASHIMA
女々しくて / ゴールデンボンバー
深海魚の夢は所詮、 / vistlip
喝采と激情のグロリア / 摩天楼オペラ
Driver's High / L'Arc~en~Ciel
MY HEART DRAWS A DREAM / L'Arc〜en〜Ciel
CHASE / L'Arc〜en〜Ciel
花葬 / L'Arc〜en〜Ciel
群青日和 / 東京事変
檄!帝〜最終章〜 / 大神華撃団
突撃ラブハート / FIRE BOMBER
魂のルフラン / 高橋洋子
SKILL / JAM Project 



『魂のルフラン』は人生で初めて買ったCDなので、思い出深い曲です。
当時はビデオ屋でOVAをレンタルしまくるようなアニメ漬け小学生だったので、エヴァもテレビ放映が始まった瞬間どハマりしてました。
そんで小5に上がる春休みにシト新生が公開されたので、大きなお兄さん達に混じって映画館の前で並んでいた記憶があります。
最初観た時は、シンジがアスカの病室で何をしていたのか理解できなかったけど、間もなく自分自身がセンズリモンキーに進化すると、シンジの手に付いていた物体の正体が分かり、「これかぁ!」と合点がいったのでした。


そのあとは失楽園というエヴァのアンソロ本にずいぶんお世話になりましたねぇ。僕の少年時代は大体こんな感じ。
一応今でも新劇場版は(なんか義務的に)全部映画館に見に行ってるけど、エヴァに関しては腐るほど見たせいで、腐り果てた感じです。

▲エヴァンゲリオンの思い出 by タイガ


もっと小さいころに見てたBLUE SEEDは、今でも大好きな作品です。


子供の頃の僕のヒーローと言えば、BLUE SEEDの草薙か、ターミネーター(T-800)でした。
あれから二十数年経った今も、僕にとって『カッコイイ』の基準はこの二つで出来ている気がします。
  


Posted by 森泉大河 at 22:56Comments(0)イラスト音楽漫画・アニメ

2015年09月01日

雑記



この歌カッコイイ!!


今出回ってる中国製の仏軍風キャンバスブーツってもう、くるぶし保護のゴムがコンバースみたいに脚の外側にあるやつしかないの?
今回注文した店によると、商品画面に載ってた(内側にゴムが付く)のは旧モデルで、すでにメーカーがこの形にモデルチェンジしてしまったらしい。マジか
返品に応じてもらえたから良かったけど、もしかしたら旧モデルはとっくに在庫が枯渇しているのかも。
無いなら定番のパラディウム買うしかないけど、あれも結局フランス軍のとは似て非なるものだしなぁ。
もしかしたら、この中国製キャンバスブーツシリーズの2バックルブーツ仕様を買って、上の部分をぶった切るのも有りかなと思い始めている。


こちらはCLASSIFIED (クラッシファイド)さんで販売中の、別メーカー(ドイツ製でしたっけ?)の丈長仕様を改造したもの。
イベントの用意するついでに、また少しお色直ししました。
最初はアイレットを全てアルミ製に打ち替えるつもりだったんですが、なんか億劫になったので、タミヤカラーで塗っちゃいました。
ちょっとは雰囲気良くなったかな。



つい2ヶ月前訪れたばかりのプラ・プロム(エラワン廟)。
日本なんかよりずっと文化・人種・宗教に寛容で慈愛あるタイという国を象徴する、平和で美しい場所でした。

写真:Daily Mail Online
それが、こんな姿にされるとはね・・・。
さすがに寛容なタイ人だって、王都のど真ん中でこんな事されたら、「危機感」やら「自衛」やら、もっともらしい言葉の誘惑に苛まれてしまうよ。
それでも今のところ特定の宗教に対して表立った対応をしていないタイ政府の判断は賢明だと思う。(と言うか下手にムスリムを敵に回すと本当に内戦になる)
何を理由にしようが、人間の抱く『怒り』なんて、結局は利己的なものに過ぎない。
それなのに人はそれを容易く『正義感』なるものにすり替えてしまう。
そして、この浅はかな自己暗示が産むものは、結局こんなものなんだよ。



ネトウヨという無知な子供(および子供並の知能の成人)が罹る病気の方々は、やたらベトナム派遣韓国軍に執着があるみたいですが、
少なくとも僕の友人のライダイハン(韓国軍人を父に持つ韓国・ベトナムハーフ)は皆、ベトナム防衛の為に命がけで戦った韓国軍人をいたく尊敬されていますよ。
ネットなんて所詮、ベトナム共産党のプロパガンダが外国のレイシストに利用され、無条件で垂れ流されるような、便所の落書き以下の場所なんですから、読む価値のある文章なんて本当に限られてますよ。
糞を眺める趣味は無いので、僕はGoogleの検索結果に日本語を表示させないように設定しています。



友達に誘われて、大井競馬場で人生初の競馬を体験。
僕はギャンブルやらないので、大井競馬場で開催されていたタイ&ビールフェスティバル目当てで付いてきました。
ただしビールはあまり好きじゃないので、本当にただタイ料理を食いに来ただけ。

タイに住んでた時幾度となく食べたパッタイ(ケチャップ味米粉焼きそば)と、お店オリジナルのトムヤムクーン味カオパット(炒飯)
こういう日本の出店で買うと合計1000円(ビール入れて1600円)になるのは仕方ないんだけど、タイの屋台の値段知ってると、なんか馬鹿らしくなる。向こうじゃ300円で腹いっぱい食えたのに・・・
なお戯れに計1000円ほど馬券を買ってみました。一本も当たりはしなかったけど、3頭中2頭は当たってて、何度も惜しいところまでいってました。
もう一回やれば僕でも当たりそうな気がします。なるほど、こうやって人は身を滅ぼすのか。


ギザギザハートだった頃はだれかれ構わず突っかかってたけど、さすがに僕も大人になったので、今は噛み付く相手は自分より目上の人だけにしている。
  


2015年07月28日

北米で聴いてた歌

今年はタイに続いてアメリカ、カナダにも行けて、人生で最高の年になりました。
もし2年前の自分に語りかける事ができるなら、「お前今はそんな状態でも、そのうちこんな事になっちゃうんだよ~!」と教えてやりたいです。
そして、その旅の中で聴いていた楽曲も、旅の記憶を彩る大切な思い出です。


こんな気持ちでこの歌を聴ける日が来るなんて。まっくん、ありがとう。

奥井雅美/そうだ、ぜったい。




青い空と蜃気楼の浮かぶ無人の荒野がどこまでも続くカリフォルニア縦断フリーウェイで聴くDriver's Highはマジ最高すぎる。

L'Arc~en~Ciel/Driver's High





でもやっぱり、今回のアメリカ訪問をしめくくるテーマソングはこれ。
リトル・サイゴンやカルガリーへの移動中、何度リピートで聴いた事か。

はっぱ隊/YATTA!


とにかく、そんな気分でした。
  


Posted by 森泉大河 at 02:32Comments(0)【アメリカ】音楽旅行・海外

2015年05月10日

夢の共演

弟からCDもらって以来、家でも車の中でもずっと妖精帝國を聴いております。ライブ行ってみたいな
2年も前の話だけど、ALI PROJECTのアリカさんが妖精帝國のライブにゲストで出てたんですね。
しかも聖少女領域をデュエットしてたとは・・・。確かに、この二人並ぶと凄い画だ


  続きを読む


Posted by 森泉大河 at 17:49Comments(0)音楽

2015年02月28日

独り言

西野カナの歌の「会いたい」の部分を「ヤりたい」に変えて歌いたい。そんな気持ちわかるでしょ。  続きを読む


2014年12月01日

カラオケ&黒服

一月ぶりにカラオケ行ってきました。
最盛期は休みの度に、カラオケ好きの友達と2人でフリータイム入って8時間ぶっ続けで歌ってましたが、最近めっきりカラオケに行く機会が減ってしまったので、喉の筋肉の衰えを感じてます。

前回と今回歌った曲

10/31

NEXUS 4/L'Arc~en~Ciel
GLAMOROUS SKY/中島美嘉
喝采と激情のグロリア/摩天楼オペラ
X/X (X JAPAN)
ジュリア/河村隆一
ロマンス/PENICILLIN
旅立ちの日に/合唱曲
SKILL/JAM Project
이등병의 편지(二等兵の手紙)/金光石(キム・グァンソク)
英雄故事/成龍(ジャッキー・チェン)
MASK/奥井雅美・松村香澄
撲殺天使ドクロちゃん/ドクロちゃん(千葉紗子)
巫女みこナース・愛のテーマ/Chu☆


11/30

街/SOPHIA
北風小僧の寒太郎/堺正章・東京放送児童合唱団
喝采と激情のグロリア/摩天楼オペラ
虚空の迷宮/聖飢魔Ⅱ
snow drop/L'Arc~en~Ciel
Mizérable/Gackt
紅/X (X JAPAN)
Journey through the Decade/Gackt
Vivid ColorsL'Arc~en~Ciel
Try Again/FIRE BOMBER
GOOD LUCK MY WAY/L'Arc~en~Ciel
NEXUS 4/L'Arc~en~Ciel


来週から、ラルクの『WORLD TOUR 2012』の模様を映画化した『Over The L'Arc-en-Ciel』が公開されるので、
今回はラルク多めにして気合いれました。((o(^-^)o))わくわく

  続きを読む


Posted by 森泉大河 at 03:37Comments(4)イラスト音楽

2014年09月02日

いつもの独り言

新井エリーさんのファン感謝企画作品に応募しそびれた事を、僕は今でも後悔している。
もう新作が見れないと思うと残念でなりません。でも、音楽の世界でもきっと輝く人だと思います!応援してます!


  続きを読む


2014年02月05日

よく聞く歌&ラオス

唐突に、いつもパソコンやってる時に聞いている歌の再生回数トップ10

今のパソコンはまだ1年ちょっとしか使ってないので、前のノーパソで聞いてた分も含めると順位変わってくると思うけど、確かめようが無いので、この1年ほどでの集計結果です。


第10位(22回) 奥井雅美/Birth


  続きを読む


Posted by 森泉大河 at 01:51Comments(0)1954-1975【ラオス】音楽

2013年12月20日

最近お気に入りの歌

たまにはミリタリーと関係ない話でも書いてみます・・・
Youtubeの動画貼るだけだけど。


ANGEL OF SALVATION/GALNERYUS(ガルネリウス)
フルヴァージョンは14分もあるんだ・・・。カラオケで歌いたいけど絶対のどが持たない。



  続きを読む


Posted by 森泉大河 at 01:47Comments(0)音楽