カテゴリ
News! (74)
銃器 (27)
映画 (14)
音楽 (13)
言論 (28)
民生 (2)
人物 (26)
式典 (3)
BB/歩兵 (18)
ND/空挺 (24)
KB/騎兵 (8)
PB/砲兵 (3)
TT/通信 (2)
QV/輸送 (2)
HQ/海軍 (5)
KQ/空軍 (4)
FULRO (9)
デガ (15)
モン族 (13)
ヌン族 (6)
本土軍 (2)
GCMA (2)
SDECE (3)
1914-1918 (1)
1918-1939 (5)
1939-1945 (12)
1945-1954 (36)
1954-1975 (239)
1975-1989 (7)

2014年10月07日

フランス軍のベレー章など

※2018年9月2日追記

クリエーター支援サイトSESSIIONにて月額500円~のご支援(プレッジ購入)頂いた方限定で、普段ブログには書いていない最新情報や執筆中の内容などのアクティビティを配信中です。メールアドレスまたはSNSのアカウントで簡単に登録できます。プレッジ購入以外に利用料は一切かかりません。ご支援いただいた分、より一層記事の質に磨きをかけたいと思います。よろしくお願いします。
詳しくは『SESSIION限定配信開始します』をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


僕は特にフランス軍マニアという訳ではないのですが、インドシナ諸国を調べてると必然的に興味が沸いてくるものです。
そこで1年ほど前、中田商店でこれらのベレー章が安く出てた時に、とりあえず全種類買っておきました。なので年代とかはバラバラです。

フランス軍 ベレー章など


上段左から
本土および外人空挺部隊(Parachutiste métro et légion)
空挺資格章(Brevet parachutiste)
海兵歩兵空挺部隊(Parachutistes d'infanterie de marine) ※1958~1962年および1974年以降のデザイン

歩兵(Infanterie)
軽歩兵(Iinfanterie légère)/猟兵(Chasseur à pied) ※猟兵は1961~1962年のみ
サハラ部隊(Troupe Saharienne)
海兵(Troupe de marine)

工兵(Genie)
装甲騎兵(Arme blindée et cavalerie)
輜重(Train)
空軍コマンド(Commandos de l'Air)


それぞれのベレー色については、以下のイラストにまとめました。



この中で、僕のお気に入りはサハラ部隊(サハラ中隊)。
アルジェリアで活躍した、ベドウィン(アラブ系遊牧民)による植民地ラクダ騎兵部隊です。

  

ベドウィンの民族衣装を継承した白い軍服や弾帯、イスラム教徒を示す三日月と星の紋章など、いかにも現地密着な感じがとても好きです。
インドシナを失った後のフランスにとっては、最後の、そして最も植民地部隊らしい組織ではないでしょうか。





同じカテゴリー(コレクション)の記事画像
撮影会の準備 その2
撮影会の準備
お披露目
タイでもらったパッチ
通称
制服計画の進捗
同じカテゴリー(コレクション)の記事
 撮影会の準備 その2 (2018-06-23 02:50)
 撮影会の準備 (2018-06-21 19:46)
 お披露目 (2018-05-10 21:58)
 タイでもらったパッチ (2018-03-22 02:16)
 通称"カオダイ軍ベレー"の正体について (2017-10-20 22:29)
 制服計画の進捗 (2017-08-11 11:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。